開業して昼食をコンビニ弁当から自炊に変えたメリット

自宅兼事務所で独立開業してから、昼間に外出する用事がないときは、お昼は基本的に自宅で自炊しています。

勤務時代のお昼はコンビニ弁当ばかりでしたが、自炊にしてから色々良いことがあったのでそれについて書いてみたいと思います。

コレステロール値が下がった

勤務時代、働いている間の楽しみは、昼ご飯を食べることぐらいしかありませんでした。

家で弁当を作る気力はなかったので、昼ご飯はコンビニかスーパーのお弁当を買って食べてました。

昼ご飯のコンビニ弁当は好きな品をおいしく楽しみたいので、どうしても味が濃くてコッテリしたものを選んでしまいました。例えば、タルタルソースの南蛮チキン弁当、唐揚げ弁当、焼き肉弁当などです。

平日お昼は毎日このような種類のコンビニ弁当でしたので、病院の定期健診の血液検査では、悪玉(LDL)コレステロール値が基準値を超える結果となってました。

しかし、独立後自宅で昼ご飯を自炊するようになってからは、食べるのは通常うどんか蕎麦となり、先月行った血液検査の結果は悪玉コレステロール値は、基準値中の下方の値まで改善されてました。

独立してまだ2ヵ月ちょっとしか経ってませんが、コレステロール値がこんなに変わるとは思っていませんでした。

節約できる

コンビニ弁当を買ってたときは、弁当だけではお腹が満たされないので、

いなり寿司などのサイドディッシュを追加したり、一緒にペットボトルのお茶や缶コーヒーなども買ってましたので、一回当たりの食事で700円~900円程使ってました。

自炊するようになると、うどんや蕎麦ですと一回当たり、高くても200円位なので、かなり節約できてます。

たまにサバ缶やイワシ缶なども付けたりするとチョット高くなりますが…。

気分転換になる

午前中に仕事を数時間ずっとしていると頭も疲れてきます。コーヒータイムなどの時間を作ったりして、頭を休ませてますが、自炊する行為も結構いい気分転換となって頭の疲れも癒えます。

凝った料理をしようとすると、買い出しや調理に時間が掛かって、逆にストレスになるかもしれませんが、今のところ昼はうどんか蕎麦を基本食べているので、一週間分まとめて買物して、料理時間も15分~20分程度なので、気分転換にちょうどいい感じです。

まとめ

独立して自炊するようになってからのメリットを幾つか書きました。

独立してからの2か月間、昼食は大体うどんか蕎麦だったので、すこし飽きました。

現在うどん蕎麦に変わって、体に良くてお手軽な料理の品を模索中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です