税理士試験:試験休み期間はTACに籠った思い出

わたしが以前働いていた税理士事務所では、

税理士受験生に2週間の試験休みが与えられていました。

家では勉強ができないタイプだったので、

その期間は、早朝から夕方まで資格予備校TACの自習室で

籠って勉強してました。

朝7時自習室オープン前から受験生

今はコロナでどうなっているか分かりませんが、

わたしが受験生だった3年前までは、

TAC新宿校の自習室が使えるのは朝7時からとなってました。

自習室開始前に室内の清掃作業があったため、

7時前でも入室が可能でした(掃除される方の邪魔ですが)。

わたしは15分前にフライングで入室してたのですが、

そこには既に、顔なじみの受験生2、3名がいつも座ってました。

彼らの物凄い気合を感じながら、自分も負けじと勉強してました。

TAC生活の楽しみはお昼ご飯と昼寝

試験休み期間中は5時半に起床し、家で朝食を取ってから

TACへ通ってたので、10時ぐらいにはお腹が空いてきます。

その時の楽しみは、「今日のお昼何食べようかなぁ?」と考えることでした。

お昼ご飯といっても、贅沢な食事ではなく、TACの周辺にある

富士そばのかつ丼そばセットや、日高屋の担々麵+半チャーハン、

長崎ちゃんぽんのちゃんぽん餃子セットなど、ごく庶民的なものでした。

これらはどれも高カロリーで体に悪そうですが、

脳みそはこれらを口に入れるのを幸福と認識してました。

さらに満腹になった食後、自習室で存分に昼寝ができるのも幸せでした。

いびきで周りの迷惑になっていたかもしれませんが…。

1週間前になると周りがピリピリ、殺気を感じた

2週間のTAC籠り生活も、2週間目に入ると、

1週間試験休み組の受験生が、TACにドッと押し寄せて来ました。

また、試験が数日前となるとわたしも含め、

自習室内の緊張感と殺気で異様な雰囲気になります。

そんな中、毎年直前期に入ると必ず簿記論を勉強しにTACに現れる

ホンワカ系の年配女性がいたのですが、

その方を見かけると、なぜかわたしの心は和みました。

夕方5時以降の勉強は無理

最初の1週間は昼休みや小休憩を除いて大体8時間ぐらいは勉強できました。

しかし、2週間目となるとどうしてもダレてしまい、

6時間ぐらいの勉強が限界だった感じです。

夕方の5時ぐらいには、もうテキストを見るのも嫌になり、

その時間には勉強を切り上げて帰宅してました。

また、夜に家で勉強すると、次の日の朝の勉強のヤル気が激減するので、

家で勉強はやらないことにしてました。

「寝る時間以外は勉強」という人がいますが、

わたしの能力上、それは無理でした…。

まとめ

今回は、税理士試験の試験休み期間の

わたしの過ごし方について書かせて頂きました。

当時の生活は懐かしく、よい思い出です。

では、もう一度同じことをやりたいかと言えば、

Noです…。

編集後記

コロナワクチン接種の2回目を無事に終えることができました。

若い人は2回目の副反応が酷いという噂を聞きますが、

わたしの反応は、腕の痛みと軽いダルさぐらいでした。

もう、若くはないということの暗示のようで複雑な気持ちです。